STIHL オーナメント

STIHLチェンソーを持った、サンタさん。
クリスマスにピッタリな置物です、プレゼントにもいかがでしょうか。
¥2600(税別)で発売中でございます。




 



 


STIHL チェンソーマン

三度の飯より山が好き! 義理はかてぇが女にゃ弱い! STIHL一筋30年!


そんな頑固でワイルドなドイツ人のフィギュアです。(日本未発売)





モデルになったのは、もちろんこの方です。 たぶん
ワイルドですね〜




子供の玩具ですが、大人の方が面白がって遊んでます。





 

 

腱引き

古式腱引き筋整流法(けん引き)
いつもお世話になっている、宮城県石巻市にある、ひかり接骨院さんに行ってきました。



古式腱引き筋整流法の伝承者にして北斗神拳伝承者でもある小関先生には、月に2〜3度体のメンテをしていただいてます。




3年くらい前に左肩が四十肩になりとても苦労しました、特に就寝中に突然起きる夜間痛には参りました。
整形外科、整体治療院、サプリメント等色々やりましたが全部ダメでした。
それでもしぶとくネットで探してたところ古式腱引き筋整流法という怪しげな道場なるものを見つけました
さらに調べるとなんと近所にあるではないですか!
これはもう行くしかないと思い予約して行ってきました。
治療はその名の通りずれた腱を指先で元に戻すような、まさにけん引きでした。自分の場合、結構な痛みに耐える治療でしたが
その1回目の治療でなんと夜間痛が治りました。まさにアメイジングストーリーでした。
それからはたまに通院するようになり、腰痛や怪我の時は直ぐに治してもらいました。
保険も使えるので経済的にも助かります。
なんか、ひかり接骨院の宣伝みたいになりました。





 


ガイドバー修理

ガイドバーのスプロケットノーズ交換
グリスを注入していてもまれに壊れます。


ガイドバー本体の状態が良ければ新品スプロケットノーズに交換します。


まずはチェーンブレーカーでリベットを3ヵ所ぶち抜きます。




新品スプロケットノーズを組み込んだらあとは簡単、愛用の悪魔の鉄槌ルシファーズハンマーで憎いアンチクショウを叩きまくります!(笑)


あとはバー本体とノーズの境目の段差をサンダーでならしたら完成!
簡単な作業でごわす。




叩きすぎて燃え尽きました。

オレゴン ベンチグラインダー

OREGON製 目立て機 511AX



おそらく10年位は使用してます、だいぶ年季が入っております。
1〜2本ならフリーハンドで目立てしますが、たくさんある時はオレゴンのベンチグラインダーを使って目立てをします。






後付けの性転・・正転逆転ホームランスイッチ。
サビサビなので綺麗にしたいです。




さあ、目立ての開始です。
ゴーグルとマスクは必須ですね。


新ダイワ EA360

修理でお預りしているチェンソーです。






見慣れない青いカラーリングが怪しいですが、今は亡き新ダイワEA360Sです。
E1036Sの廉価モデルですね。
E1036SはセミプロもOKなオールラウンドチェンソーで価格は高いですが結構良い機械でした。
当時は各メーカー、35ccクラスで良い機種があったので、新ダイワは地味な存在だった記憶があります。
そんなE1036Sですがモデル末期にガイドバーやチェーンテンショナーなどをコストダウンしたモデルを
低価格で一般ユーザー用に発売しました。
車もそうですが、末期モデルは改良を重ねて完成度が高く価格も安いのでお買い得ですよね。
しかしこのEA360S、何と言っても青いカラーが気色悪かったので軽量・高性能・低価格だったのに発売当初はお客さんの購買意欲はイマイチでした。

このマシンの良さが分かり出して売れるようになった頃には排ガス規制で販売終了になった、ちょっと残念なチェンソーでした。もし限定生産されるなら、大量に在庫したいチェンソーです。

やまびこサービスショップ

当店、県内では数少ないやまびこサービスショップになってます。
メーカー認定サービス店なので他所でお買い上げになった製品でも修理可能ですよ。



今から10年前の2008年に共立と新ダイワが一緒になって(株)やまびこが誕生しました。
共立と新ダイワというメーカーはなくなり、ブランドだけが残り、それから10年が経ちましたが昔からのユーザーでも知らない方がほとんどで〈やまびこ〉の認知度はまだまだ低いのが現状です、さすがにこれは困った問題なのですね
エコーというブランドもやまびこです。


やまびこサービスショップの看板を作ったからにはお客様に認知してもらえるように何かアピールしていきたいですね!

薪割り機

現在一番人気の薪割り機 15t プラウPH-GS15PRO-GX
人気の為、品薄状態で2~3ヶ月程入荷までお待たせしてる状態です。
入荷してもすぐに品切れになりそうなのでお早めのご予約をお願いしております。





焚き付け用の小割りもGS15PROで楽々ですね、とにかく油圧シリンダーのスピードが速い!


店休日

月曜日は定休日でございます。

今日は幸運にも1日外出券を入手できたのでシャバに出ることができました(笑)



富谷市成田のナカオCafeに食器を買いたいという母親を引き連れ昼食&買い物にきました。








その後は県内最大級のホームセンタームサシで買い物。
帰りは回転はま寿司にいって1日外出券を満喫しました。


 


STIHL MS261 C-M

当店スチールはもちろんハスクバーナゼノア、ヤマビコ、マキタetc.主要メーカーのチェンソーはほとんど展示してましてそれぞれのメーカーの良いとこ悪いとこを説明して販売しております。

クラスにより様々ですが上級機種の人気モデルはハスクバーナ346XP、550XPが多かったのですが最近はスチールMS261C-Mが人気です!




現在チェンソーの製造メーカーは10数社ですが昔は100社前後あったので現存してるメーカーは競争に打ち勝った優秀なメーカーということですよね。
その中でもハスクバーナとスチールは世界2大トップメーカーです。
どの業界でも新機種が発売されて競争の結果どんどんテクノロジーが進化し良い製品がどんどん出てくるので楽しみですがメーカーの開発は大変ですね。
近年のスチールはかなり魅力的な製品が増えてます、エンジン・バッテリー製品共に断トツですね!
スウェーデン製のハスクと比べ、スチールは耐久性には優れるがもっさりとしたエンジンで外見も、スウェーデンらしいセンスのいいハスクに比べいかにも質実剛健なドイツらしい野暮なデザインだったのが最新機種ではハイセンスでエンジンスペックも驚く程高性能、しかも価格も安いでので他メーカーを圧倒してます!
ハスクバーナもこのままではいかんと思うのでスチールを越える製品が早く出ることを望みます。
そんな両社には今後もどんどん競いあってほしいと願っております!



・・いや、ちょっと待ってください!日本のメーカーもがんばってるのを忘れてました!
ヤマビコーVSゼノーアの闘いにも期待してください。
はたして、日本代表みどりヤマビコーがスーチル、ハスーク、ゼノーアに勝利する日は訪れるのでしょか?